老野森囃子座保存会

分類: 伝統芸能 地域: 村山地域天童市
活動主会場天童市(主として老野森)
開催日程11月第1日曜日 老野森文化祭
連絡先代表 武田忠雄
天童市老野森三丁目21-34 TEL023-653-6448

活動概要

老野森囃子座は、大正4年(1915)大正天皇の御大典記念に、馬車の荷台に山車を据え、一番上には等身大の人形を飾った。山車の周りに幔幕を張り、軒 には造花と提灯を下げた。その山車に、大太鼓1個が中央に、小太鼓2個は両脇に座る。大太鼓の後には、稚児がチャンギリ1個を持って立ち、裏方には三味線 二人、笛二人以上、大太鼓の後に掛け声の男衆がいた。このような囃子座を保存するため、保存会が結成され、地域の子ども達にも老野森囃子の指導を行い子ど も達が太鼓を叩いたり、唄ったり、チャンギリを鳴らしたり出来るように工夫してできた囃子である。
昭和60年から、老野森子ども会の1年生から6年生を対象に加茂神社拝殿で、文化祭に向けて週2日間、夜練習している。(9月末~10月)