柳原番楽保存会

分類: 民俗芸能 地域: 最上地域金山町
活動主会場金山町
開催日程1月幕揃え
8月14日 馬頭観世音祭礼(柳原まつり)での上演
12月 門獅子振りでの厄払い、幕納め
連絡先最上郡金山町大字有屋130-2
代表 三上 一雄
電話 0233-52-7175

活動概要

秋田県矢島町から伝わったものと神室山から下りてきた山伏が舞ったものとが融合されて、柳原番楽の形になったと言われ、400年以上の歴史があると言われている。柳原地区で盛んに舞われていたが、戦後は衰退。長い間の停滞期を経験し、平成12年に柳原番楽保存会が発会した。その後は、柳原地区全戸が会員となって柳原番楽を応援している。現在、柳原番楽では「神舞」「獅子舞」「三人太刀舞」の3演目が舞われている。少年番楽を小学校で学んだ青年も演者として参加し、精力的に芸を磨き、この土地に根ざした番楽を継承すべく活動している。

関連動画

柳原番楽保存会(2022年3月31日)

テーマ:伝統芸能
地域:最上地域金山町