大山いざや巻保存会

テーマ: 伝統芸能 地域: 庄内地域鶴岡市

大山いざや巻は、500年ほど前、尾浦城主の武藤家が近江から出羽に移ったおり、共に移った歌舞伎役者が伝えたといわれています。かつては戦の出陣に際して踊られていましたが、現在は地域の祭りや敬老会などめでたい席で披露され、地域の宝として受け継がれています。小学生以上の子どもたちは、「キッズ華の会」という名前で、週一回の練習に取り組んでいます。保存会では、伝統ある芸能を伝えていくために、もっとたくさんの子ども達に参加してほしいと願っています。

撮影年2016年9月
著作山形県
制作(公財)山形県生涯学習文化財団
時間4分51秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生