中部小豆奴

テーマ: 伝統芸能 地域: 村山地域河北町
昭和55年に、当時の3年生が学芸会で演じたのが始まりといわれています。その後、谷地奴の継承に熱心な地域の指導者と保護者の協力を得て、昭和59年に組織化され「中部小豆奴」が誕生しました。現在、高齢者介護施設の訪問、八坂神社きゅうり天王祭、谷地どんがまつりの際に演技を披露しています。子どもたちは、谷地奴の伝統を見事に受け継ぎ、将来の奴の振り手として期待されています。

河北町立谷地中部小学校
TEL:0237-71-1104

撮影年2014年9月
著作山形県
制作(公財)山形県生涯学習文化財団
時間4分42秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生