沖小歌舞伎

テーマ: 伝統芸能 地域: 置賜地域小国町

沖小歌舞伎(おきしょうかぶき) – 山形ふるさと塾アーカイブス

 江戸時代末期からはじまった農民芸能「古田歌舞伎」は、昭和30年代に一旦途絶えたものの、昭和61年に復興し、現在は町の無形文化財にも指定された。
「古田歌舞伎保存会」のメンバーの指導のもと、山形県小国町立沖庭小学校では、5年生を中心に毎年7月頃から歌舞伎の練習を始め、10月の本番に備えている。
地元の人たちや保護者など、地区の住民が協力して、歌舞伎の舞台づくりを支えている。
撮影年2007年
著作山形県
制作(財)山形県生涯学習文化財団
時間3分55秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生