少年少女五十川獅子踊り

テーマ: 伝統芸能 地域: 置賜地域長井市

少年少女五十川獅子踊りは、昭和56年からふるさと学習として始まり、本校の伝統と校風である「致芳の心(和・敬・努力・郷土愛)」を継承・発展する中心的な教育活動となっている。「和」は全員が心を一つに表現すること、「敬」はお師匠様に技や心構え、言葉遣いを学び、尊敬・感謝すること、「努力」は上達するまで練習に励み、やり遂げること、「郷土愛」は獅子踊りを誇りに思い、地域や学校に愛着を深めることである。
H22年度は、学校の創立100周年にあたり、獅子踊りの伝承活動を通して学校の伝統と校風を受け継ぎ、大切に守り続けようと、5・6年生と指導者が一丸となって練習に取り組んだ。その結果、記念式典では創立100周年にふさわしいできばえであったと賞賛をいただいた。
今後とも伝統を引き継ぎ、地域に根ざした学習として取り組んでいきたいと考えている。

——————————-
長井市立致芳小学校
電話:0238-88-2131

撮影年2010年
著作山形県
制作(財)山形県生涯学習文化財団
時間4分31秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生