安沢歌舞伎保存会

テーマ: 伝統芸能 地域: 最上地域金山町

安沢歌舞伎は、元禄年間、新庄藩主が地区の娯楽にと農民に教えたのが起源といわれます。安沢歌舞伎の全盛期は、明治末から昭和初期であり、地区の若衆が「東安座」を結成し、夜を徹して演じられていました。現在の保存会は、昭和63年に結成され、伝統ある農村歌舞伎の保存・伝承・演目の復活を図るために活動を展開しております。

撮影年2012年
著作山形県
制作(公財)山形県生涯学習文化財団
時間4分30秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生