合海田植え踊り保存会

テーマ: 伝統芸能 地域: 最上地域大蔵村
 合海田植え踊りは、合海地区に400年ほど前から伝わるものであり、毎年6月の第一日曜日に地区内を門付け舞いで練り歩く伝統芸能です。会員が指導者となり地区公民館で20名程度の小学生に田植え踊りを教えています。
指導にあたっては、伝統芸能を継承する目的だけでなく、幅広い年代が所属する会員(18~70歳)が輪番で教えることで世代間コミュニケーションが生まれ、地区内に活力が生まれています。また、過去に小学生時代に指導を受けた者が現在会員となり日々活動に励んでいます。

■お問い合わせ
赤松生涯学習センター
0233-75-2212

撮影年2008年
著作山形県
制作(財)山形県生涯学習文化財団
時間

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生