坂本獅子踊り保存会

テーマ: 伝統芸能 地域: 庄内地域酒田市

酒田市指定無形民俗文化財の「坂本獅子踊」は、鎌倉時代に西国から移住してきた開拓者が始めたと言われている。田楽の古い形を残す棒術の型を特徴とし、大人と地元の子どもたちの手によって、現在も受け継がれている。

村中安穏を祈り、毎年8月14日に躍動感あふれる舞を奉納している。また、踊りの前後に演じられる「棒術」は、見事な剣さばきで観客を魅了しており、坂本獅子踊の大きな特徴にもなっている。

撮影年2010年
著作山形県
制作(財)山形県生涯学習文化財団
時間4分29秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生