内ノ目おかめ神楽保存会

テーマ: 伝統芸能 地域: 庄内地域遊佐町

「内ノ目おかめ神楽」の起源は約320年前の元禄時代に遡り、地区住民に代々引き継がれてきた。昭和48年ごろに一時途絶えたが、地区住民により復活し、現在に至っている。
蕨岡地区に伝わる獅子舞や神楽は6つあり、その中の「内ノ目おかめ神楽」を子どもたちが演じている。ひょうきんなしぐさが特徴の神楽である。
地域の子どもたちと関わりながら、遊佐町内外の民俗芸能公演会への出演など通して、地区の大切な文化財の保存、伝承に努めている。

撮影年2012年
著作山形県
制作(公財)山形県生涯学習文化財団
時間4分51秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生