新庄東山焼

テーマ: 伝統技能 地域: 最上地域新庄市

 新庄東山焼は天保12年(1841年)、戸沢藩御用窯として開窯して以来、東山の陶土を用い伝統的な焼きもの作りを基本に現代に通じ、皆様から親しまれる陶器を焼き続けています。
 近年では、幼児から年配の方まで楽しんでいただける陶芸教室も大変好評で、各地の学校や幼稚園等への出張陶芸教室も行っています。

撮影年2020年7月
著作山形県
制作(公財)山形県生涯学習文化財団
時間5分21秒