真室川音頭保存会

テーマ: 伝統芸能 地域: 最上地域真室川町

昭和の初め、真室川町出身の故近岡ナカエさんが習い覚えた「ナット節」を元唄に、創作を加えて歌ったものが真室川音頭の始まりとされています。その後、昭和27年に町が広く歌詞を募集した中から選ばれたものが、正調「真室川音頭」です。この歌を広め伝えていこうと昭和28年に「真室川音頭保存会」が発足し、歌のみだった真室川音頭に踊りを付けて歌い広めてきました。

現在は、真室川まつりや真室川音頭全国大会といったイベントに携わり、地元の小・中学校の児童生徒へ指導を行うなど、地域の活性化と真室川音頭の継承に尽力しています。

撮影年2017年8月
著作山形県
制作(公財)山形県生涯学習文化財団
時間9分20秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生