おいたま草木塔の会

テーマ: 地域史 地域: 置賜地域米沢市

草木塔の会は、置賜地区を中心に江戸時代より建立され、全国的にも珍しい草木を対象とした供養塔である草木塔を保全し、今後も継承していく目的で平成22年に結成された。置賜地域の中でも特に草木塔の多い米沢市田沢地区を主体としており、田沢コミュニティセンター内に事務局がある。

草木塔の会では、草木塔の保全・継承に関わる活動として、田沢地区の人々や子どもたちを対象とした学習会および雪囲い・清掃活動を行っている。また、毎年おいたま草木塔の会が主催するフォーラム「草木塔との語らい」を開催。地区内外の多くの人たちに草木塔の魅力を発信している。

その他、地区内に11基の草木塔をもつ、米沢市立三沢西部小学校での総合的な学習の時間において、草木塔の歴史や先人の思いについて学ぶ出前講座を行うなど、田沢独自の文化遺産を子ども達に伝承する活動にも力を入れている。

撮影年2016年11月
著作山形県
制作(公財)山形県生涯学習文化財団
時間5分49秒

Youtubeの動画が見れない場合は、下の再生ボタンからご覧ください。

再生